前へ
次へ

中国語を学習する方法

日本に旅行に来られる中国人の方は年々増加しています。
また日本で勉強している方、働いている方も大勢いらっしゃいます。
もしも道を訪ねられた時や学校や職場に中国人の方がいた時、中国語で会話が出来たら素敵だなと思う人も多いのではないでしょうか。
中国語は義務教育では受けませんし、大学でも一部の学部以外では必修外国語に指定されていないので、なかなか学習する機会は少ないです。
日本人の多くは「ニーハオ」や「シェイシェイ」などの簡単な挨拶以外はまったくわからない、中国語に馴染みはない、と感じているのではないでしょうか。
しかし今は衛星放送や動画配信サービスなどで吹き替えなしの中国のドラマや映画などの番組もあり、中国語に触れようと思ったら24時間いつでも触れられます。
学習イコールスクールに通うと考えがちですが、中国の番組を画面の目の前で真剣に観ていなくても、普段の生活で映像や音声を垂れ流しにしているだけでも耳に馴染んでくるものです。
聞き慣れてくると会話のトーンで何となくどんな意味なのか、言い回しなのかが感じ取れるようになっていきます。
その上で学習を始めると、まったくのゼロから学び始めるよりも上達はかなり早くなると思われます。
習うより慣れろと言いますが、慣れた上で習うと更に良いです。
独学だとおかしな部分に気付けなかったり、中国の方には失礼な意味になる言葉と知らずにうっかりと使ってしまう恐れがあるからです。

Page Top